読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だんじょん かなづち

Roguelike中心の予定だったのがGBA版サンサラ2のはやあるき日記に。

ガンマクラッシュ【Cataclysm:DDA 0.C】

@2号 夏2日
何してたっけ


ああそうだ、朝4時にアパートのピッキングしてたんだ。朝までピッキングして、特に何も盗らず出発。


適当に南方面へ。食品雑貨店が隣り合っていたり電器店に放電凶獣が出たり。暑さと眠さでかなりボーっとしてる。
多機能調理器具なんてものを拾ったが、使い方調べてるヒマなんかない。店内に放電凶獣というこの状況をだな。

 

よし、勝った。アドレナリン刺激装置のCBMが手に入った。CBMって地味に容量圧迫するよな…。

 

隣の道場合気道を覚えた。RPのために忍術覚えたいけどこれは初期特質でしか選べないのかな?

さらに近くに銃火器の店もあったが、なんかもう暑すぎてダウン。(プレイヤーが)

 

復活。南にある2軒目の道場を目指して突き進む。投擲しない@さんがなんだか久しぶりで違和感。


道場と斜め向かいのガソリンスタンドへの道のゾンビを片付けたら東方面の電器店や銃砲店の回収に出る予定。民家は……まあ、物が足りなくなってからでいいや。

 

斧を拾ったのと、普通の子供肥満爬行程度しか出てこなかったのとで結構油断してたが、凶暴ゾンビの姿がちらっと見えて久々にひやっとする。見えないようにこっそりと道場へ入り込む。テコンドーと空手と柔道の本を発見。ヒマなときに読もう。

 

道場斜め向かいのガソリンスタンドはセルフだったようだ。コンソールがあるガソリンスタンドは初めて見た。キャッシュカードの使い道ができたな。

 

近くの公園にほぼ無傷の食品販売カート。使い方わからないが。

 

夏なので日が落ちるのがとても遅く、気がついたら21時を過ぎていた。適当な民家に侵入して寝る。
その場その場でのベッド確保のために、探索はしなくても民家の鍵はピッキングしておこう。覚えていれば。

 

銃砲店の近くで何かが起こっている。タレットでもあるのか?


斧と短刀とショットガンでなんとなくその辺のゾンビを倒していく。電器店とガソリンスタンドがあまり遠くない場所に3軒ずつあるってなんか不思議。マップ表示範囲内なら電器店は5軒もある。道場2軒スポーツジム1軒ボクシングジム1軒も役割結構被ってるような…。みんな親戚かな?(田舎特有の親戚包囲網)


何でもかんでも積んでいったら絶対積荷空間が足りなくなるだろうし、もうここ探索やめてよそ行くかなぁ…めんどくさくなった。

 

ボーリング場はまだ行ったことがないのでそこだけ覗いていく。軽食少々酒少々、ボーリングボールそれなり。回収はまあいいか…。中にいたゾンビがウエディングドレスを落としたが、この@さんには必要ない。耐久も..だったしたぶん壊しちゃうだろうな。もし直せれば@1号にプレゼントというのもRPとしては面白いかもしれないが。どっちにしても容量的に持っていけない。


ボーリング場の隣のスポーツジムはすでに半壊状態だった。何があった?

 

ボーっと短刀ぶっ刺しまくっていたら定番の感染、4回焼いたらさすがに戦闘続行不可能なほど色々能力値下がったのでゾンビのいない道を歩いて図書館へ。やたらレベルの高い応急手当の本発見。応急手当5必要で8まで上げる本だけど、当然読めるわけがない。

 

容量も重量もかなり圧迫されてきたので車へ戻って荷物整理。こんなの続いたらすぐに積荷空間が足りなくなっちゃう。


マップをよく見たらあまり遠くない場所に図書館も2つあるし……。この町はwand of cloningかmirroringでも持ったバナナ農園の@が住んでるのか。

 

ボーリング場のウエディングドレスの修理に挑戦してみた結果

f:id:blessedgdsm:20150801110504p:plain

…まあ、そうなるな。

 

おいバナナ農園の@!! 放電凶獣にまで変な杖振っていくんじゃねぇぇぇぇ!!
放電凶獣が狭い範囲に3体いるのはいかがなものか。

 

東の電器店を物色していたら巨体ゾンビが見えた。こんなの相手にしたら死ぬ。(実体験)

本だけかっぱらって逃亡。

 

ガソリンスタンドでちょっと給油してアパート方面へ逃げ帰る。しばらく町方面には戻りたくない。

周りの苺の低木から苺を採る。あとで冬用のフルーツレザーでも作っておくかなあ。

 

今回の大まかな探索ルート

f:id:blessedgdsm:20150801110505j:plain

アパート ピッキング~2軒目の道場(白)

ボーっとゾンビ虐殺&ベッド拝借~1軒目の電器店(黄色)

~ボーリング場(水色)

ボーリング場~2軒目の電器店、ハルク発見(黄緑)

全力でアパート方面へ逃げ帰った(赤)