だんじょん かなづち

Roguelike中心の予定だったのがGBA版サンサラ2のはやあるき日記に。

あれからリアル何ヶ月 【Cataclysm:DDA 0.C】

もはやバージョンがいくつなのかすらわかんない、去年の夏ごろに安定版って言われてた0.Cを再開。なぜか夏が近づくとCataclysm:DDAの世界に帰ってきてしまう。

 

最近は短愚蛮怒にハマっていたのにねー。文字通り変愚蛮怒のTiny版って感じ。とにかく魔道具とか強力なエゴ装備やアーティファクトとか結構拾えちゃってどんどん降りていける。どんどこ降りて短獄25階(鉄獄なら100階)でいつもどおり詰んで積みセーブが増える……。ホビット盗賊で*勝利*するぞーとか息巻いて、結局半タイタン青魔で*勝利*するっていうね。

 

それはさておきCDDA

去年の9月3日?のテキストから。

@2号
あまりに変愚で死にすぎたのでしばらくぶりに再開。再開地点は博物館の近くの家。やばい全然覚えてない。

 

とりあえず博物館にピッキング。アラーム鳴らされまくったので、今外に出たら確実にeがいるに違いない。
「装飾された人間の頭蓋骨」って一体何。別段fancyというわけでもないようだ。そりゃそうか。
朝倉義景と浅井親子……?

 

矢尻、石ハンマー、骨の針、毛皮の褌、石斧なんかが展示されている。ここは石器時代展でもやってたんだろうか。
陶器の皿やカップやボウルもあるから、縄文時代にはなってる…かな?
あとはレザーアーマーやプレートアーマーの一部。

それからメイス。打撃34って。監視ロボットくらいは殴り倒せるか?
小さな遺物、聖なる象徴は@1号向き。とりあえずメイスだけもらっていくことにした。

 

外に出てあることに気づく。「飲み水全然ない」 しかも渇きが***状態。
拠点どこだっけ覚えてない。

 

食料雑貨店に飛び込んだら警官ロボットが出迎えてくれたが逆に殴り倒して電池をありがたく頂戴する。
ルートビアの缶と綺麗な水500mlを入手して事なきを得た。しかしほんとにどこだっけ。マップに何かメモ残してなかったか。

 

foodsとだけメモが残っていた家があったのでそこを目指す。が、夜になってしまった。見えん。
かなり近くに来ているみたいなので、あとは徒歩で行くことにした。自転車のままだと放置車両に激突してしまう。

ああ、なんか見覚えのある家に着いた。やたらに疲労を訴えてくるのでさっさとベッドを探して寝た。


foodsのメモは地下倉庫のことだったらしい。腐らない食品が結構置いてあったので。

そういえばプールの近くに暖炉つきの家を見つけていたんじゃなかったか。


~過去日記読み返し中~
思 い 出 し た 

ちゃんと飲料水用の樽まで設置してたというのに。なんでこの家をメモに残してなかったんだろう。
今度はちゃんとメモを残す。喉の渇きもやっと落ち着いた。

 

農場から持ち帰った野菜や、道中で狩った肉の処理に悩む。野菜のほうが日持ちするのか、肉のほうを先に入手していたのかわからないが、燻製肉をいくつか作ってるうちに肉が古くなってしまったので隣の家に捨てておいた。そのうち焼き払うから今はゴミ捨て場になってね。

 

野菜をどうするか。ジャガイモはベイクドポテトにすればいいとして、ブロッコリーとか人参とか玉葱とか。
@2号は調理法をあまり知らない人だから…最悪、生でかじらせとけ。
V8野菜ジュースにできればよかったが、ズッキーニがない。ズッキーニがそんな重要な野菜だったなんて…。

野菜サラダには調味料が足りない。隣の家にマヨネーズはあるけど腐ってるし。なんとかならんかなとこの腐敗マヨ入れてサラダ作ってみたけどやっぱり野菜サラダ(腐敗)になっただけだった。まあ、そうなるな。
野菜スープの素をブロッコリーかトマトで作って、具に玉葱や人参を使った野菜スープにするのが一番美味しくいけそう。